厄年・厄除け厄祓いドットコム

こちらの広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み

※更新日:

※こちらのページは2019年の厄年男性・女性早見表ページになります。本年(2018年)のものをご覧になりたい方はこちら
→今年2018年 厄年男性・女性早見表

厄年 2019年(平成31年)男性・女性早見表

2019年(平成31年)の男性・女性の厄年早見表です

本厄を中心に前厄・後厄もあわせて掲載しています。

また厄年や厄除け・厄祓いについての情報もお伝えしています。

 

2019年の厄年について(目次)

 

厄年に関するアンケートにご協力ください

厄年に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの厄年への関心度合いを見ることができます。

厄年・厄除け厄祓いに関するアンケート一覧はこちら

 

 

男性厄年 早見表ー2019年(平成31年)

※()内の年齢は数え年での年齢です

※参照:厄年は“数え年”で数える

※赤字(42歳)は大厄

2019年 男性の厄年、本厄の方

25歳…1995年(平成7年)生まれの男性

42歳…1978年(昭和53年)生まれの男性ー大厄

61歳…1959年(昭和34年)生まれの男性

が2019年の男性の厄年・本厄の方です。表示の年齢は「数え年」の年齢です。厄年は「数え年」で数えますので、お間違えのないように。

こちらの厄年男性向けページもどうぞ
自分が厄年かどうかのチェックはこちらページで

 

 

女性厄年 早見表ー2019年(平成31年)

※()内の年齢は数え年での年齢です

※参照:厄年は“数え年”で数える

※赤字(33歳)は大厄

2019年 女性の厄年、本厄の方

19歳…2001年(平成13年)生まれの女性

33歳…1987年(昭和62年)生まれの女性ー大厄

37歳…1983年(昭和58年)生まれの女性

61歳…1959年(昭和34年)生まれの女性

が2019年の女性の厄年・本厄の方です。表示の年齢は「数え年」の年齢です。厄年は「数え年」で数えますので、お間違えのないように。

こちらの厄年女性向けページもどうぞ
自分が厄年かどうかのチェックはこちらページで

 

 

厄年について

文字からみてもわかるように、「厄」・災厄にとても逢いやすいとされている時期であり年齢です。

平安時代のころにはすでにそのような風習はあったようなのですが、はっきりとした根拠などは不明とされています。

 

男女ともに厄年=「本厄」にあたる年と、その前後の年を「前厄」「後厄」とされ、本厄がもっとも災厄にあいやすい、またその前後の前厄後厄もあわせてこの3年間を気をつけて過ごす、という風習となっています。

 

現代でも厄年に当たる多くの人が気にし、厄年の年をできるだけ災厄にあわないよう慎ましく過ごしたり、また(厄除け・厄祓いで有名な)神社やお寺などでお祓い・祈祷を受けたりしています。

 

アンケート結果 厄年気になりますか?

※当サイトのアンケートでも厄年を気にする人が8割以上で実に多くの人が厄年を気にしていることがわかります

 

厄年に当たる年は男性・女性ともに身体・体調面で変化が出始める時期であり、また仕事・プライベートの両面で社会的な立場や役割が変わる時期・年齢でもあります。

 

 

厄年男性・女性の年齢は何歳?

男性・女性それぞれ厄年の年齢は以下のとおりです。

※表記年齢はすべて数え年での年齢です

 

【男性の厄年年齢】

男性前厄の年齢:24歳、41歳、60歳

男性本厄の年齢:25歳、42歳、61歳

男性後厄の年齢: 26歳、43歳、62歳

※赤字(42歳)は大厄

 

【女性の厄年年齢】

女性前厄の年齢:18歳、32歳、36歳、60歳

女性本厄の年齢:19歳、33歳、37歳、61歳

女性後厄は年齢:20歳、34歳、38歳、62歳

※赤字(33歳)は大厄

 

 

厄年は“数え年”で数える

厄年は現在一般的に年齢を表す満年齢ではなく、

数え年で数える

ので注意が必要です。

 

数え年とは、

生まれたときを一歳として、毎年新年1月1日に一歳ずつ年をとる

という考え方です。

 

数え年は古くから使われており、明治時代頃までは数え年が一般的な年齢の数え方でした。

その名残や習慣を受けて、古くからある厄年も数え年で数えることになっています。

 

現代では日常の生活や役所や各所での手続きなどは満年齢で行いますので、厄年のこの点年齢の数え方については注意が必要です。

 

※正確に自分が厄年かどうかをチェックしたい方は、↓こちらの自動計算ページをご利用下さい。

今年厄年かどうかを正確にチェックできるだけでなく、何年後に厄年になるのかも自動計算でチェックできます。

 

 

厄年をどう過ごせばいいのか?

現代でも男女を問わず多くの人が気にする厄年。
ではその厄年にあたる年をどのように過ごせばいいのでしょうか?

 

一般的によく言われるのが、災厄にあいやすい年・時期であるので、新しいことなどはこの時期に始めない、災厄に合わないように大人しく慎ましく過ごす、などです。

 

たしかに慎ましく過ごすことはいいことなのかもしれませんが、先述のように厄年にあたる年齢は仕事でもプライベートでも自分自身、そして周りの環境も変化の大きい時期です。

 

厄年を気にしすぎて何もしない、ということは状況が許さないこともあるでしょうし、気にしすぎるがゆえにかえって災厄にあってしまうことが往々にあるものです。

また新しいことへのチェレンジをしないとチャンスを逃してしまうことにもなります。

 

大事なのは厄年とは様々な変化や災厄などにあいやすい時期だとしっかり認識しながらも、それに気をつけつつ日々しっかりと過ごしていくことです。

 

また身体的な変化や成人病や大病につながっていきやすい年齢・時期であることも意識して、食事に気をつけたり、適度な運動をしたりするなどして、身体的に良好な状態を保つ、改めて意識する、そういう転機にしてもいいでしょう。

 

それでもやはり厄年が気になる!という人も多いでしょうから、少しでも不安を和らげるためにも以下のように、厄除け・厄祓いを行うことなどもおすすめです。

 

 

厄除け・厄祓いはいつごろまでに?

お伝えしたように、厄年は数え年で数えるため、その年の新年1月1日から厄年の対象年齢となります。

ゆえに多くの地域で

新年1月1日〜節分(2月3日)までに厄除け・厄祓いをする

(祈祷を受けるなど)習慣があります。

 

多くの神社やお寺では、新年のお参りとともに厄年祈願祭など1月から2月までにかけて行います。

 

節分は旧暦で、節分から次の日が立春つまり新しい1年の始まりと考えれており、古い年の最後の日となるのでそこまでに厄除け・厄祓いを行うことで、晴れて新しい年を迎えられるという意味でもありました。

詳しくはこちらのページで↓

 

 

神社・お寺で厄除け・厄祓いのすすめ

厄年の過ごし方として、厄年を気にしすぎてはいけないとお伝えしましたが、そうは言ってもこれだけ多くの人が厄年を気にしている世の中ですし、当サイトが多くのアクセスを集めているのも、そのことを物語っています。

 

その不安を解消するための一つの方法として、当サイトでも紹介している日本全国の厄除け、厄祓いで有名な神社・お寺でお祓いや祈祷をしてもらうこともおすすめです。

 

厄除けで有名な佐野厄除け大師 本堂の様子

※厄除けで有名な佐野厄除け大師(栃木県佐野市)本堂の様子 多くの厄年の人が訪れる関東有数の厄除けのお寺です

 

厄除けで有名な神社やお寺では、厄除けのためだけの「厄除け大祈願祭」を行うところも多くあります。

祀る神様・仏様が厄除けにご利益・ご神徳のある神社やお寺も多くあり、また人気で多くの厄年の人が厄除け・厄祓いでそういったところに参拝・祈祷依頼をします。

 

不安な気持ちを抱えたまま過ごしてストレスを抱えてしまうよりも、厄年であることを受け入れつつ、古くから厄除け・厄祓いを行っている神社・お寺を訪れ、自分の気持ちを落ち着かせ、不安を解消してみてはいかがでしょうか。

 

神聖な儀式に身を預け、神仏様のご利益・ご神徳をあずかり厄年を迎えられることをおすすめします。

※当サイトの運営者も厄除け祈祷を受けていきました!

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです