2020年 厄年

2020年 女性大厄 33歳の生まれ年は?

2020年に女性の厄年のうち、その中でももっとも災厄に見舞われやすいと言われる

33歳(数え年) 大厄

を迎える人は、何年生まれの女性なのでしょうか?

2020年 33歳(数え年)大厄を迎える女性の生まれ年はこちら

2020年に33歳(数え年)の大厄を迎える女性は

1988年(昭和63年)辰年 生まれの女性

です。

※↓女性の厄年早見表ー2020年がこちらになります(赤枠囲みが女性33歳大厄)

厄年女性 2020年(令和2年)早見表ー33歳女性大厄の生まれ年

厄年女性 2020年(令和2年)早見表ー33歳女性大厄の生まれ年

※画像引用:厄年 2020年 男性・女性早見表ページより

 

厄年は満年齢ではなく「数え年」で数えます。

1988年生まれの方は2020年は満年齢では32歳(誕生日をまだ迎えてない方は31歳)ですが、数え年の考え方だと、

1988年生まれの女性は、2020年にすべて33歳となるため、2020年が大厄の年

となります。

あわせて読みたい
厄年は数え年で数える日本人の多くの人が気になる厄年。 その厄年でみなさんが気になるのが、厄年が何歳なのか?ということだと思います。 じつは厄年は...

 


※30代女性のイメージ(画像提供:snapmart)

女性の大厄(33歳 数え年)の年代、30代は仕事、家庭、環境とも10代・20代のそれとは大きく変わり、いろいろなストレスや苦労などに苛まれる年齢・年代でもあります。

また30代に入り身体的な変化や女性特有の病気や、身体的・ホルモン的な変化なども出てき始め、出産などにも身体的な影響が出てくる年代となります。

 

そのため、古来よりこの女性の33歳を「大厄」として、災厄を被りやすく、最も気をつけなければいけない年として考えられています。

※女性の厄年については、年齢や過ごし方など含めこちらのページで詳しく解説しています
ぜひ参考になさってください。

 

そして女性の厄年は30代のときに集中しており、33歳大厄・37歳本厄、そしてそれぞれ前後の前厄・後厄を含めると、その30代の半分以上を厄年が占めていることになります。

あわせて読みたい
女性の30代は半分以上が厄年厄年には一般的に厄年として認識されている「本厄」の年があるのと、その前後の1年を 「前厄」「後厄」 と呼ばれる厄年が本厄を挟...

なので、多くの女性がこの33歳の大厄をもっとも気にし、そして37歳の本厄も気にして、以下のように、多くの方が厄除け・厄祓いを受けています。

 

1988年生まれの女性の方で、神社やお寺などで厄除け・厄祓いの祈祷を受けたい、受けようと思うという方も多いかと思います。

 

一般的には、厄年のお祓い(厄除け・厄祓い)は、その年の1月1日〜2月3日の節分までに受ける人が多いですが、実際には、その年のいつでも厄除け・厄祓いの祈祷を神社・お寺で受けることができます。

本サイトでは日本全国の各都道府県市区町村の厄除け・厄祓いの神社・お寺を掲載・紹介しておりますので、今年大厄を迎えている女性の方もぜひ情報収集にご活用下さい。

 




 

厄年・厄除け厄祓いに関するアンケートにご協力ください

厄丸くん
厄丸くん
女性の厄年に関する様々なアンケートを行っています。アンケートに答えてもらうとすぐに結果が表示されます。

他の方が厄年をどうしているのか、どのように考えているのかなどぜひチェックしてみてください

 
※今年2021年(令和3年)の厄年についてお伝えします。2021年の女性・男性厄年早見表をはじめ、厄年の年齢やいつからいつまでに厄除けを行うほうがいいのか、その年をどう過ごせばいいのかなどについて詳しくお伝えします。
【本サイト】
今年2021年(令和3年)の厄年について(女性男性早見表・年齢・いつ・過ごし方など)|厄年・厄除け厄祓いドットコム