2020年 厄年

1988年生まれの女性のみなさん 2020年に大厄(33歳)を迎えますよ

 

毎年日本で多くの方が厄年を迎えます。

その中で

1988年(昭和63年)生まれの女性

は日本中全ての女性が

2020年に33歳(数え年)の最も災厄にあいやすい『大厄』

を迎えます。

 

“全ての”1988年生まれの女性がです。


※厄年女性のイメージ 33歳(数え年)の女性は2020年に大厄を迎えます

 

以下が2020年の厄年女性早見表になります。

赤枠で囲まれている生まれ年が大厄

1988年(昭和63年)に生まれた女性(辰年)となっていますよね

上記早見表でも2020年厄年女性の生まれ年を伝えていますが、ぜひこちらでもご確認下さい。

 




 

早生まれ・遅生まれ関係なく1988年生まれの女性”全て”が2020年に大厄を迎えます

お伝えしたように、1988年生まれの女性は全て大厄の中でも最も災厄にあいやすい大厄を2020年に迎えます。

 

それは「早生まれの人(1月1日〜4月1日生まれ)」もそれ以外の「遅生まれの人」も関係ありません。

つまり

1988年1月1日〜1988年12月31日の間に生まれた女性は全て大厄の対象者

なのです。

※厄年と早生まれの関係についてはこちらを参照↓↓↓

あわせて読みたい
厄年 早生まれの場合は?自分が厄年に当たる年齢かどうかを気にする時に、「早生まれ」つまり 早生まれ:その年の1月1日〜4月1日までの間に生まれた人 ...

 

厄年は「満年齢でなく”数え年”で数える」ので、よく計算間違いをして、本厄や大厄を過ぎてしまったりします。

厄年は数え年で数える(考える)ので、そうすると

2020年に33歳を大厄を迎えるのは1988年生まれの女性(すべて)となるのです。

※厄年と数え年の関係についてくわしくはこちら

あわせて読みたい
厄年は数え年で数える日本人の多くの人が気になる厄年。 その厄年でみなさんが気になるのが、厄年が何歳なのか?ということだと思います。 じつは厄年は...

 

2020年に厄年を迎えるのに備え、過ごし方や厄除け厄祓いの神社やお寺なども調べておきましょう

「えっ!!私2020年厄年なの?大厄なの?」と気が付かず、驚く女性の方も多いかもしれません。

1988年生まれの女性はぜひ事前にそのことをしっておき、2020年になったらどのように過ごすかを考えておきましょう。

 

厄年は自分自身も、自分の周りの環境なども変わり、その事によって災厄にあいやすい時期です。

1988年生まれの女性は、ぜひ2020年厄年、しかも大厄であることを自覚して、厄年らしく慎ましく、これまでの不摂生を改めるなどし、過ごされることをおすすめします。

女性の厄年について年齢やどのように過ごせばいいのか、などは本サイトのこちらのページで詳しく解説しております。ぜひ参考になさってください。

 

また1988年生まれの女性はお伝えしたように、

2020年1月1日元旦から、厄年(大厄)を迎える

ので、

年明けすぐに厄除けにご利益のある神社・お寺などに厄除け・厄祓いに行くなどの予定を立てるのもいいかと思います。

※こちらのページで日本全国全都道府県の厄除け・厄祓いでおすすめの神社・お寺を紹介しています。都道府県単位はもちろん、市区町村単位でも探せますので、ぜひご利用下さい。

 
※今年2021年(令和3年)の厄年についてお伝えします。2021年の女性・男性厄年早見表をはじめ、厄年の年齢やいつからいつまでに厄除けを行うほうがいいのか、その年をどう過ごせばいいのかなどについて詳しくお伝えします。
【本サイト】
今年2021年(令和3年)の厄年について(女性男性早見表・年齢・いつ・過ごし方など)|厄年・厄除け厄祓いドットコム